原因を知ってメニエール病を予防する|対策向上委員会

さまざまな治療方法

看護師

血管を広くして治療

心筋梗塞は心臓の筋肉に栄養や酸素を送っている冠動脈がつまり、心臓の筋肉が死んでしまう病気です。対処が遅れてしまうと命を奪ってしまいかねない病気で、死亡する人は発症した人の3割前後といわれています。急な心筋梗塞はにはいろいろな治療方法が試みられ、カテーテルによる治療方法もその一つです。この治療方法はカテーテルを冠動脈まで差し込んで先端に設置してある風船を膨らませることにより、血流を確保して心臓の筋肉に栄養や酸素を運んでやる方法です。この治療方法は体に負担が少なく短時間で治療を行うことができます。心臓の筋肉は死んでしまうと生き返るということはありません。早く治療をすればするほど筋肉が死んでしまう部分が少なくて済みます。

血管を移設する

心筋梗塞を起こしてしまう前に狭心症という症状が出ることもあります。急に胸が痛くなったり、息苦しさを感じる症状です。狭心症から心筋梗塞に移行してしまうことも多く狭心症の段階で狭くなって血流が滞っている血管を、体の中のほかの血管を使い迂回して心臓とつないで、新しく血液が通るところを作ってやるバイパス手術を行う人も多くなっています。バイパス手術はそれを行うことにより心筋梗塞を起こしてしまうリスクを低減することができます。現在のところでは人工心肺を使わない手術が主流で、従来の人工心肺を稼働して行う手術よりも体に負担が少なく、心不全や脳梗塞などの合併症がおきにくいので、術後の回復が早くなるというメリットがあります。