原因を知ってメニエール病を予防する|対策向上委員会

免疫を高める治療法とは

医者

体の免疫力

免疫療法は、人の肉体に本来であれば持ち合わせた免疫力を発展させて、がん細胞を死滅させるアプローチです。 健康的な人の肉体の場合でも、細胞の突然変異が原因のがん細胞は日々の生活で数千個現れているといわれていますが、がん細胞が増大しないのは、身体的免疫細胞が常日頃がん細胞を消失させているためになります。 しかしながらそれ相応の原因により抵抗する力が活動的でなくなっていたり、がん細胞が増大するパワーの方が強かった状況があるなら、がんが降りかかってしまうのです。ですから、免疫力が弱まると、がんが発生するということもいえます。逆にいいますと、免疫力が高まれば、がん予防にもつながり、健康な体を維持することにも繋がります。

がんに対し免疫を活性化

たとえ、がんが生じてしまっても、免疫細胞を充実させることでがん細胞を撃ち破ろうということが、免疫療法ということです。 免疫療法は広範囲に亘る種類が存在するのですが、食品あるいはワクチンを投入しておくことで免疫の細胞を活発化させるメソッドと、ひとたび免疫細胞を体の外側に出し、外の方で強力に培養した上で改めて身体の中に戻すメソッドがあります。 免疫療法は元来肉体に持っているメカニズムですから、別のがんのケアとは異なり副作用がとても少なく、そしてほとんどすべてのがんに応用できることがベネフィットになります。 その結果、がんのいわゆる三大治療である外科療法、放射線療法、そして化学療法に続く第四の治療法として評価を得ています。