原因を知ってメニエール病を予防する|対策向上委員会

健康を維持をする

窓

多くの方が住んでいるのも平野区の特徴です。そして、年齢を重ねるとどうしても多くの方が病院に通うことが増えます。しかし、日頃から行なうことで、未然に病気を防ぐ事もあるので、できることからやってみましょう。そうすることで、いつまでも元気な体でいられます。

詳しくはコチラ

免疫を高める治療法とは

医者

免疫療法は元来病を患っている方の身体の中にある免疫細胞を活用するものです。 がんを発見して殺す機能を持っている細胞自体を増殖させ、そして活性化し身体の中に戻すことで、人が最初から持ち合わせている自然の免疫を高めるものになります。

詳しくはコチラ

どのようなものなのか

男性

メニエール病というのは、まだまだ謎の多い病気と言われています。というのも、メニエール病が起こる原因は分かっているものの、その原因となるものがなぜ発生するかが分かっていないからなのです。そのため治療は対症法が主なものとなっています。そこで今後は、原因究明の研究が進んでいくのではないでしょうか。なぜ発生するのかといった部分が解明されれば、メニエール病を根本から治療することができるようになるでしょう。また、予防や再発の防止なども可能となります。過去には、難病指定されているような病気でもこうした原因究明のおかげで、治療方法が確立したものも多くあります。ですのでメニエール病でも、同じように研究が進んでもおかしくはありません。

メニエール病の最大の特徴といえば、立っていられないほどの激しいめまいです。これは自分や周囲のものがグルグルと回るような感じで起こります。こうしためまい発作が繰り返し起こる病気なのですが、発作の間隔というのは個人差があり一定していません。発作が起こっている時間にも違いがあり、5分程度で治まる人もいれば何日も続く人もいるのです。但し発作が治まった後にはしばらくは何もなく、すぐにまた発作が起こるといったことはありません。このようなめまいの他にも、難聴や耳鳴りがあるのも特徴の1つでしょう。特に耳鳴りは、ゴーゴーといった特徴的な大きな音が聞こえます。発作は激しいものの、命に別状のある病気ではありません。

さまざまな治療方法

看護師

心筋梗塞を起こす前に狭心症という症状が出ることがあります。この狭心症の段階で適切な処置を行えば、心筋梗塞を予防することができます。カテーテルによる治療やバイパス手術等で、血流を確保することで心筋梗塞を予防することができます。

詳しくはコチラ